労働基準法で定められた最低賃金制度について簡単に紹介するサイト

最低賃金制度

最低賃金制度とは、以下のものである。
・国が最低賃金法に基づき、賃金の最低限度を定める
・雇用者は労働者に対し、定められた最低賃金額以上の賃金を支払う
とする制度である。
地域によって、定められた最低賃金は異なる。
仮に、最低賃金額より低い賃金を定めたとする。
しかし、それが雇用者・労働者双方の同意の上で定められたとしても、法律によって無効とされる。
この場合は、最低賃金額と同様の定めだとみなされる。
従って、支払った賃金額が最低賃金額未満だった場合、支払い賃金額と最低賃金額との差額を支払わなければならない。
また、雇用者は地域別最低賃金額以上の賃金額を支払わない場合、罰則(50万円以下の罰金)が定められている。

最低賃金の知っておきたいポイント!

Copyright (C) 最低賃金制度 All Rights Reserved.